【表題】「テイラーの目で見た働き方改革(労働時間削減)」です。
【概要】20世紀初頭に科学的管理法によって生産性向上を提唱したテイラーの視点から、現代の労働時間削減運動の課題と類似性を指摘し、そのソリューションの一例を提示しています。