2015(H27)9月度【気になる法改正情報】

水濁法・琵琶湖保全法・フロン排出抑制法関係

1.「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令 (環境省令第33号)(水濁法関係)

公布 平成27年9月18日 
施行

平成27年10月21日

主な内容等

2014年11月に、トリクロロエチレンの水質汚濁、地下水の水質汚濁に係る環境基準が強化されたことを受け、トリクロロエチレンに関する地下水浄化基準、排水基準を以下のとおり強化する改正が行われた。
 ・水質汚濁防止法施行規則の一部改正
 地下水の浄化措置命令に関するトリクロロエチレンの地下水浄化基準:     「0.03mg/L」→「0.01mg/L」に強化された。
 ・排水基準を定める省令の一部改正
  トリクロロエチレンの排水基準:「0.3mg/L」→「0.1mg/L」に強化された。

出典:環境省報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/100875.html

 

2. 【新法】「 琵琶湖の保全及び再生に関する法律(法律第75号)」(琵琶湖保全法関係)

公布 平成27年9月28日 
施行

公布の日

主な内容等

琵琶湖については、今まで多くの環境保全の取組がなされてきたが、依然として水草の異常繁茂、外来動植物の繁殖などによる生態系への悪影響・漁業被害といった琵琶湖を取り巻く自然環境等の悪化が進んでいる。
このような変化を受けて、琵琶湖の保全及び再生に関し実施すべき施策に関する計画を策定し、その実施を推進する等の措置を講じていくための新法が公布された。

出典:環境省報道発表資料
http://www.env.go.jp/water/kosyou/post_4.html

 

3. 「 経済産業省関係フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令(経済産業省令第69号) 」(フロン排出抑制法関係)

公布 平成27年9月30日
施行 公布の日
主な内容等

今まで「指定製品」(その製造・輸入業者に対して、主務大臣が目標を示して使用フロン類の環境影響の低減を図るべき勧告を行うことができるもの)の対象外とされていた「家庭用マルチエアコンディショナー(家庭用の分離型であって、1の室外機に2以上の室内機を接続して用いる構造のもの)」が、新たに「指定製品」として規制の対象に加えられた。

出典:経済産業省パブリックコメント資料
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595115059&Mode=0